がん予防と葉酸サプリ

サプリメントとして広く目にするようになった葉酸ですが、その効果の本質は、細胞の遺伝子であるDNAの合成と、誤って合成されたDNAの修復作用にあるとされております。
一方、正常な細胞ががん細胞になってしまう原因として、細胞分裂などの過程でDNAが誤って複製されてしまうということが挙げられます。
すなわち、葉酸はこの誤ったDNAを修復する作用のために、正常な細胞が、がん細胞へと変異してしまう確率を、抑える作用があるとされているのです。
しかし、だからと言って葉酸をどれだけとっても良いということには、つながらないため注意してください。
細胞が分裂する際には、DNAも複製、つまり新たに合成される必要があるため、葉酸をたくさん取ると、細胞の増殖が亢進されます。
そして、それはがんに変異してしまった細胞にも当てはまるのです。
免疫システムが正常に働いているうちは、たとえ偶然がん細胞が出現してしまっても、増殖する前に除去できます。
しかし、葉酸を取りすぎると、がん細胞の増殖速度が亢進してしまい、免疫システムが処理できなくなってしまうのです。
このため、がん予防に葉酸サプリが効果的であるということは間違いないのですが、使用の際は用法を守り、正しく服用するようにしてください。
http://yousan-suppli.com/